ウィローモスの増やし方、活着のさせ方、育て方など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちわ(^^)/

管理人のZEBRAです。

ウィローモスの育て方、増やし方、活着のさせ方などをご紹介します。

ウィローモスって苔の1種なんですけど、なんか綺麗ですよね。

エビにとっても良いですし、初心者の方でも育てやすいのでオススメです。

スポンサードリンク

ウィローモスの育て方

ウィローモスの育て方って超簡単です(笑)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

(水草)ウィローモス(無農薬)(1パック)
価格:1400円(税込、送料別) (2017/6/21時点)

 

二酸化炭素が必要なわけでもないですし、単に放っておいても簡単に育ってくれます。

注意しなければいけないのはあまりのも光量がすくないと茶色くなり枯れてしまいます。

適度な光量を与える必要はあります。(20w1灯で良いです。)

適当に雑においても問題はありません(笑)

ただ活着させないとバラバラになっちゃうので、活着の仕方を教えます。

スポンサードリンク

ウィローモスの活着のさせ方

石や流木などを用意し、釣り糸など用意して巻き付けるだけです。

ただ、釣り糸だと活着してから外す必要があるので少々面倒だと思います。

管理人は木綿糸をオススメしています。

 

木綿糸であればおおよそ1ヵ月くらいで水に溶けてなくなるので楽ちんです。

一長一短はあるのですが、活着出来ていなかった場合はほどけてしまうので、確実に活着してから外したいと言うのであれば、釣り糸をオススメします。

活着させる際に必要な道具

・ハサミ
・ウィローモス
・流木や石
・釣り糸か木綿糸
・バケツ

ハサミはウィローモスを適当に切り取るに必要です。

活着させるに流木を使うのであれば、灰汁抜きが必要です。

灰汁抜きの仕方↓↓↓↓

 

ウィローモスを購入したら

ウィローモスに限った話ではないですが、水草には強い農薬がついている可能性があります。

エビとかが水槽にいるのなら注意です。

エビは薬に弱いので、農薬がついたウィローモスなんかに居ついてしまったら死ぬ確率があがります。

基本的にウィローモスは「無農薬」で販売されている筈です。

ちゃんと店員に確認しておく必要があると思います。(商売だから騙す可能性もありますが…。)

ウィローモスを切る前に、バケツにウィローモスを入れておいて湿らします。

そうすることによって活着させやすくなりますのでやっておきましょう!

活着のさせ方

流木や石の表面が見える程度にうっすら置いて下さい。

ウィローモスが重なっていたりすると、下にあるウィローモスに光が届かなくなって、茶苔となる恐れがあります。

ウィローモスですが、だいたい1センチ程度に切り分けた方が良いです。

ウィローモスの活着のさせ方↓↓↓↓

ウィローモスのトリミングの仕方

ウィローモスは割と成長が早いので、放っておくと見栄え的に宜しくないので定期的にカットしてあげる必要があります。

必要なものはトリミングハサミですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ニッソー トリミングハサミ 関東当日便
価格:1400円(税込、送料別) (2017/6/21時点)

 

カットの仕方ですがこちらの動画をご覧下さい↓↓↓↓

活着させるのも面倒くさい!っていう方には

市販でモスマットというのも販売しております。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

(水草)育成済 ウィローモスマット(無農薬)(3個)
価格:3730円(税込、送料別) (2017/6/21時点)

 

面倒くさがりな人はお金で解決するのも手だと思います。

ウィローモスと一緒にエビも飼育してみては如何でしょうか?

ウィローモスとエビは非常に相性が良いのです。エビ達の休息の場だったり、稚エビが産まれたら稚エビたちにとって隠れ家となるのです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

(エビ・貝)ミナミヌマエビ(20匹)
価格:927円(税込、送料別) (2017/6/21時点)

 

最後に…。

ウィローモスは水槽を彩るに欠かせない水草だと思います。

水槽内により自然界に近い風景を演出してくれます。

放っておいても育ってくれて、二酸化炭素も必要ないので初心者の方にもオススメです。

若干トリミングとかは面倒くさいかもわからないですが、トリミングした後のウィローモスなんかも捨てないで、メルカリに出品してお金儲けするのも手です(笑)
メルカリ↓↓↓↓
https://www.mercari.com/jp/category/656/

最後までご覧頂き有難う御座います。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*