2017年 7月 の投稿一覧

ミナミヌマエビにおすすめの水草は?

こんにちわ(^^)/

管理人のZEBRAです♪

ミナミヌマエビは基本的に餌をやらずに生きていける宇宙生物ですが(笑)、水草を入れてあげることによって、ミナミヌマエビたちにとって過ごしやすい環境となります。

ミナミヌマエビにとって水草はやすらぎの場所


写真引用先 http://www.aquaqua.biz/image/numaebi/15b.jpg

魚は常に泳いでいますが、ミナミヌマエビは泳いでいる訳ではなく、何処かにつかまってたり、底の方を歩いていたりします。

ミナミヌマエビにとって水草とはベッドの様なものです。

ベッドと言うのもなんですが、足場を作ってあげることでミナミヌマエビが休める環境を作ってあげましょう。

ミナミヌマエビはあまり遊泳力もなく、体力がないのですぐ疲れてしまうそうです。

狭い水槽で特につかまれるところもなく、殺風景な水槽だとミナミヌマエビにとって大変ストレスを感じる環境でしょう。

水草は足場になるだけじゃなく、隠れ家ともなるので、ミナミヌマエビにとってとても安らげるアイテムなのです。

必ず水草は入れる様にしてあげましょう。

ミナミヌマエビにおすすめな水草は?

んー、正直言うと水草があれば特に「これがおすすめっ」て言うのはないです(^_^;)

水草があれば、ミナミヌマエビにとって快適な場所となります。

なので、個人的にこの水草を入れたいからこれにしよう!っていう感じで良いと思います。

強いて言うなら、ミナミヌマエビの性質を考えるとマツモと言う水草を入れてあげると良いでしょう。

何故、マツモなの?


写真引用先 http://livedoor.blogimg.jp/a012587/imgs/1/c/1ce66557.jpg

マツモは芽が細かく、ミナミヌマエビにとって非常に隠れやすく、芽が細かいおかげで稚エビも隠れやすいのです。

また、ミナミヌマエビは夏に繁殖しやすく、マツモを何本も入れてあげることによって大繁殖が望めるでしょう。

マツモは価格もかなり安く、何処でも購入が可能なこと、また極めて増殖力が強いこと、耐久性が高いところが魅力です。

マツモに限ったことではないですが、水草を入れることによって水質浄化にも役立ちます。

マツモが凄く育っているなら水槽内はとても水質が良いという証拠にもなります。

最後に

水草は一般的に、飼育・温度調節が難しかったり、特定のソイルでないと育たなかったり結構デリケートだったりします。

そういう意味ではマツモはとても簡単です(笑)

もう水槽へドボンと入れて終わりです(^^)/

マツモは本当に成長が早く、特に夏場はかえってどんどん定期的にトリミングしてあげないと大変なことになります(^_^;)

大袈裟かもしれませんが、ゴミ袋1袋がいっぱいになることも…(^_^;)

価格の安さと飼育のしやすさ、勝手に増殖していって尚且つミナミヌマエビの繁殖を狙うならこれ以上の水草はないと思います。

ミナミヌマエビ自身もそんな高いものではないので初心者の方にもおすすめではないでしょうか。

ミナミヌマエビは見てるだけで本当癒されますよ♪

最後までご覧頂き有難う御座います。

ミナミヌマエビの産卵と寿命について

こんばんわ(^^)/

管理人のZEBRAです♪

今日はミナミヌマエビの産卵と寿命についてお話していきたいと思います。


写真引用先 https://oitamedakabiyori.com/contents/20151015160903-e4570ac3151510114c7e61f981b2edfdd283a905.jpg

ミナミヌマエビは良くコケ取り要員として飼育されており、また、ツマツマ苔を取る仕草や、痒いのか良く分からないですけど、背中を一生懸命掻いている姿などが見れ、見ていて面白いです。

価格も安く、エビ類の中では丈夫なのでここ最近人気があります。

熱帯魚ではないので水温をそこまで気にしなくても良いというのも利点ですね。

繁殖も外敵が全然いなければどんどん増えていくので、繁殖難易度は相当低いです(笑)

初心者にもおすすめな生き物ですよ☆

ミナミヌマエビの寿命は?

ミナミヌマエビはの寿命は平均でおおよそ1年程と言われております。(短いですね(^^;)でも、グッピーより長いかも。グッピーは下手すると半年くらいで亡くなるので)

良く比較されるヤマトヌマエビはおおよそ5年~6年程生きるそうです。(こちらは結構長いですね。)

ミナミヌマエビの平均寿命は1年程と言われていますが、これは自然界での話です。

確証がないのでなんとも言えないですが、室内飼育で3年程生きたという話もあります。

自然界と違って室内飼育であれば、外敵もいないですし、ヒーターを付けておけば水温は常に一定で保たれるので環境的に良いんでしょうね。(研究しているわけではないのでそこまではわからないですが(^^;))

また、室外でのミナミヌマエビと室内のミナミヌマエビは明らかに体長が違います。

室内のミナミヌマエビはヤマトヌマエビかと見違える程大きく成長する個体が出てきます。

ミナミヌマエビの産卵

ミナミヌマエビの繁殖自体は本当超簡単です。

外敵と隠れ家さえあればどんどん増えていきます。

ミナミヌマエビの産卵ですが、写真でみるとこういう感じになります。


写真引用先 http://www.benridayo.jp/wp-content/uploads/minaminumaebi2.jpg

お腹の中が明らかに卵らしきものがありますね。

これがミナミヌマエビの卵です。

混泳させているなら(と言うより単独でミナミヌマエビだけを飼育している人って少ないかもですけど)隠れ家をいっぱい作って上げて下さい。

じゃないと孵化した稚エビたちがどんどん食べられてしまうので。

まとめ

ミナミヌマエビの平均寿命は約1年…と言われていますが、実際は室内飼育の場合2年~3年くらい生きてしまうそうです。

繁殖自体も簡単で初心者の方にもおすすめなミナミヌマエビです。

初めてエビを飼いたいっていう方には登竜門ではないでしょうか。

最後までご覧頂き有難う御座います。

ミナミヌマエビ/水草についている農薬に気を付けよう

こんにちわ(^^)/

管理人のZEBRAです♪

水草を購入した時に、農薬が付いていることがあります。

これをこのまま水槽内へ入れてしまうと、生体に悪影響を及ぼします。

特にミナミヌマエビは農薬に弱く、入れて数時間後にバタバタお亡くなりになる可能性があります。

水草についている農薬に気を付けよう

気を付けようと言っても、なかなか難しいところですよね(^^;)

何せ人間の目ではその水草に農薬がついているかどうかなんて判別出来ませんから。

こればっかりは信頼できるショップを見つけることが最優先なところではあります。

水草が売られている水槽って大体ヤマトヌマエビ・ミナミヌマエビが水槽内にいます。

水草に付いているコケを食べてくれるので導入している訳です。

で、どう気を付けるかと言うと、その水槽内にいるエビ達を良く観察してみて下さい。

凄く簡単な方法です。

エビ達が活発に泳いでいるなら問題ないのですが、もし水槽内でエビ達が大量死しているなら疑った方が良いです( ゚Д゚)

また、水槽内にエビ達が全くいないのも疑った方が良いです。

上記でも記載した様に、普通はコケ対策でヤマトヌマエビ・ミナミヌマエビを導入しています。

それがいないっていうことは、農薬が入っていてエビ達が死んでしまうので、消費者側からしたら美観的に宜しくないですよね?

そんなショップからは買わない方が賢明だと管理人は思います。

実際、まだアクアリウムを始めてから間もない頃、エビ達がいない水槽から管理人は水草を購入し、軽く水洗いをして水槽へ入れたら、何故かミナミヌマエビ達だけが大量死したことがあります。

農薬ってそんな簡単には落ちないんですよね。

魚には特に影響はなさそうでしたが、見えないだけであって絶対悪影響がある筈です(^^;)

既にエビ達が水槽内にいるのであれば、良く見定めてから購入をしましょう。

大丈夫と思って購入したけど、それでも農薬がついている可能性はあります。

ここまで記載しといてなんですが、多少なりとも水草には農薬が付いています。

あまりにも強力な農薬をつけて販売しているショップは気を付けた方が良いってことです。

じゃあ極力、農薬を取り除くにはどうしたら良いかと言うと、軽く水洗いはダメです(^^;)

2~3日は水に漬けて農薬を落とし、水槽へ入れる際にはバケツに水草を入れ、揉む様に洗って下さい。

念には念をです。

被害を被るのはミナミヌマエビたちなのですから。

まとめ

こればっかりは難しいところなんですが、上記で記載した様にまず水槽を見ることです。

普通はヤマトヌマエビ・ミナミヌマエビがいる筈なんで、これがいないなんていうのはもう論外と思っていいと思います。

エビ達がいる様であれば、エビ達の健康状態を良く見て、あまりの数が死んでいるのであれば購入するのは控えましょう。

大丈夫だなと思って購入したとしても少なからず農薬は付いています。

良く洗ったとしてもエビ達が大量に死んでしまう場合もありますので、難しいところですね…。

元々、エビは結構デリケートな生き物です。

エビの中でもミナミヌマエビは丈夫な種類で飼育しやすいと言われています。簡単に繁殖も狙えるので。

間違っても軽く水洗い程度で水槽へ入れるのは辞めましょう!

最後までご覧頂き有難う御座います!

ミナミヌマエビの水合わせで失敗しない様にするには?

こんばんわ(^^)/

管理人のZEBRAです♪

ミナミヌマエビはとても水質の変化に敏感で、ちゃんと水合わせをせずに水槽へ投入すると痛い目を見ます(^^;)


写真引用先 https://upload.wikimedia.org/wikipedia/ja/thumb/5/57/Minaminumaebi.jpg/250px-Minaminumaebi.jpg

管理人はアクアリウムをやり始めの頃、水合わせは一応したものの、あまり長い時間水合わせをせずに水槽へ投入してしまい、ミナミヌマエビたちを大量に殺してしまった経験が御座います(´・ω・`)
(あの頃のミナミヌマエビたちよ、すまぬ…。)

ミナミヌマエビだけに限らず、エビ類は水質の変化に弱いので、くれぐれも慎重に水合わせをやって下さい。

水合わせにかける時間は?

アクアリウムをやり始めの人たちにとって苦痛かもしれませんが、まず購入したミナミヌマエビたち(採取してきたミナミヌマエビたちはプラスチック容器の中にでも入れましょう)の袋ごと水槽へ浮かべ温度合わせをします。

そして1時間程度浮かべておきます。

1時間経ったら、袋の中の水を半分くらい抜き、残った水とミナミヌマエビたちをプラケースなどに入れましょう。

そして点滴法で水合わせを行い、残った水の半分くらいの飼育水を入れ、また1時間程待ちましょう。

水合わせのやり方↓↓↓↓

また、ミナミヌマエビは酸欠にも弱いので、水合わせ中でもエアレーションをかけておきましょう☆

そして1時間経ったらまた水を半分捨て、また水合わせを行います。

これを3セット行って下さい!

ここまでやれば大分水に慣れて来ている筈なので、滅多に死ぬことはないと思います。

…とは言っても、それでも死んでしまう個体もいるかもしれません。

必ずしも全員殺さずに元気でいられるかと言われると確証はできません。

元から弱い個体もいるかもなので、それはそれとして諦めるしかないです。

水合わせが終了したら

間違っても容器ごと水槽へ雑に入れないで下さい。

網ですくってあげて、丁寧に水槽へ投入してあげましょう。

ミナミヌマエビの可愛らしい姿を見て癒されましょう!

最後に

要は1時間ごとに水を入れてはその水を捨てるという作業を3回繰り返すことです。

ここまでやっておけば、そんなに死ぬ個体は出ない筈です。

また野外飼育の場合の水合わせは、注意して欲しいのが夏・冬です。


写真引用先 http://livedoor.blogimg.jp/kiukiu0wafuwafu/imgs/5/8/5834db19.jpg

夏場は、太陽の影響で袋の中がめちゃくちゃ暑くなります。

そうならない様に極力日陰を作ってあげるだとか、容器ごと日陰へ移動させて水合わせを行う必要があります。

冬は極端に寒いので、容器を移動させることが出来なければどうしようもないのですが、容器を移動させることが出来るなら一旦室内に入れそこで水合わせをしてあげるのも手です。

まあ屋外の場合、夏・冬を避けて春か秋にやることをオススメします(^^;)

最後までご覧頂き有難う御座います。

ミナミヌマエビが越冬するに適切な水温は?

こんばんわ(^^)/

管理人のZEBRAです♪

ミナミヌマエビは割と水温の許容範囲が広く、5度~30度と広くそう言う意味で飼育しやすい生き物です(*´ω`)

一応、水面に氷が張り付いた状態、30度を超えた水温でも生きることは出来ます。(以外に強いなミナミヌマエビ)

しかし、この水温になってしまうとミナミヌマエビたちにとって良い環境とは言えません。

ミナミヌマエビの適温な水温は?

ミナミヌマエビが快適に生活できる水温は22度~27度くらいです。

室内であれば、ヒーターを入れれば済む話ですが、室外での飼育であればそういう訳にも行きません。

冬になれば室外だとどうしてもその温度を保つのは不可能です(^^;)

出来るだけ水温を下げない様に工夫する必要性がありますね。

どうやって極力水温を下げない様にすれば良い?(室外で飼育する場合)

そうですねー。出来るだけ日光の当たる場所に置くこと、隠れ家をいっぱい作ってあげること、ですかね。

日光の話は説明しなくても分かるかと思いますが、隠れ家を作ってあげることによってエビ達の体温によって熱が多少籠るので、越冬しやすい環境が整います。

また、ミナミヌマエビは水温15度以下になると動きが悪くなります。

それと、ミナミヌマエビに欠かせないのが水草です。

オススメなのはなかなか枯れないアナアリス、浮き草のホテイアオイです。

これらを入れてあげることによってミナミヌマエビは喜びます(笑)(喜ぶというか落ち着くんでしょうね。)

アナカリスは植えなくても良く、浮かべるだけでOKです☆

底砂は赤玉土か大磯砂が良いでしょう。

冬の場合、赤玉土であれば、潜ることも可能なのでミナミヌマエビたちにとっては温かい布団を手に入れた様なものです(笑)

気を付けなければいけないのが水深ですね。

あまりに水深が浅いと、これらを用意したとしても水温の変化が激しく、冬の場合極端に水温が低くなります。

そうなるとミナミヌマエビたちにとって越冬できない環境下に置かれることとなります。

水深はせめて20cm以上の容器を用意しましょう!

水の蒸発に注意

上記で記載した様に水深は20cm以上保つ様にしようと書きましたが、水を足して上げなければどんどん蒸発していく一方です。

また、水位の低下は水質悪化の原因になります。

水を足すときは水流が起きない様に優しく入れてあげて下さいね☆

屋外飼育で無事に越冬ができれば、春になれば元気なミナミヌマエビたちが見れ、繁殖もすることでしょう!

適切な環境を整えてあげて、無事ミナミヌマエビ達を越冬させてあげましょう!

餌はどうすれば良い?

基本的にはミナミヌマエビに餌は不要です。

自然と苔が生えてくるので、それらを食べて生きていけます。

どうしても餌を与えたいというのであれば与えても構いませんが、冬の場合水質を綺麗にしてくれるバクテリアの動きが悪くなるので、水質がすぐに悪くなります。

そうなれば、換水を頻繁に行う必要性があり面倒です。

その辺のゴミを食べて生きていける生体なのでそんな気にする必要はないと思います。( ゚Д゚)

まとめ

室内であればヒーターを設置すれば良い話ですが、室外だとヒーターは設置出来ないので、水温を極力下げない工夫が必要です。

隠れ家を作る、日光があたる場所の確保、底砂は土にするなどですね。

低水温でも強いミナミヌマエビなので、環境が整えれば越冬はそんな難しくないです。

まあ、管理人は室内水槽をオススメします(爆)

どうしても室外水槽で飼育したいと言うのであれば上記の内容をご参考にして下さい。

最後までご覧頂き有難う御座います。

ミナミヌマエビの水合わせに要する時間は?

こんばんわ(^^)/

管理人のZEBRAです♪

ミナミヌマエビって水合わせをするに時間が掛かるのはご存知でしょうか?

ミナミヌマエビは水質の変化に極端に弱く、水合わせもせずに水槽へ投入したら(そもそもこれはエビじゃなくても危険ですが(^^;))かなりの確率で死にます。

まあ、ミナミヌマエビに限ったことではないですが、エビは水質の変化に弱いので、他のエビを飼育する場合も同じ様に水合わせしていきましょう。

ミナミヌマエビの水合わせに要する時間は?

飼育水を何度も点滴法で垂らし、止めて10分は置いて水を少し捨て、また点滴法で垂らし、少し待ってから水を捨てるの繰り返しで、これを何回やればいいのか?っていう話ですけど、管理人はミナミヌマエビの水合わせは1時間半くらい掛けてやります。

水合わせのやり方↓↓↓↓

また、ミナミヌマエビは酸欠に弱いので、水合わせ中もエアレーションをしないと死んでしまう恐れがあるので必ずエアレーションをしましょう!

水合わせをするに必要な道具

・エアレーション(酸欠を防ぐ為)

・エアレーションに使うホース(飼育水からエビのいる容器へ水を運ぶ為)

・キスゴム(まあ、これは必ず必要と言う訳でもないです。要はホースがブラブラしない様に使用するので、代用品でガムテープとかで十分です。)

・エアレーションの調整で使うやつ(笑)(名前が分からん(^_^;))

・バケツ…が望ましいかな。容器はなんでも良いんですけど

初心者の方は、水合わせをするに、飼育水から生体のいる容器へどうやってホースから水を運ぶのかわからないって方がいるかと思います。

文面で説明すると、まず飼育水と生体の入っている容器へとホースを繋ぎます。(繋ぐとホースがブラブラしてしまうので、上記で説明した様にガムテープとかで固定しちゃいましょう。)

この時、容器は水槽より下に置きましょう。じゃないと水が流れて来ないので。

そして、容器へ繋いであるホースから口をつけて吸うのです。

え、それって飼育水ごと口に入っったらどうするの…。なんて思うかもしれませんが、そんな極端に吸わなくて大丈夫です(笑)

文面で説明するのも少々難しいですが、軽く吸い込むだけで水は流れて来ます。

軽くと言ってもずーっと吸い込んでたら水槽の水飲んじゃうハメになりますよ?(^_^;)

吸い込むと一瞬ですが明らかに水が出てくる感覚が分かります。

最初はもしかしたら水槽の水が口に入っちゃうかもしれませんが、慣れてしまえばどうってことはありません。

水合わせが終わったら

いよいよミナミヌマエビを水槽へ投入です!

この時、雑に容器ごとミナミヌマエビを入れる様なことはしないで下さい(^_^;)

網ですくって丁寧に入れていきましょう。

暫くはミナミヌマエビたちは落ち着かない様子でいるかもしれませんが、1日経てば落ち着いてくれるのでそんなに過敏にならなくても大丈夫です。

まとめ

ミナミヌマエビだけではなく、他のエビたちも水質の変化・酸欠に弱いです。

他のエビを飼育する場合でも、水合わせは慎重に行うべきです。

水にさえ慣れてくれれば、エビ類は割と丈夫です。放ったらかしでOKです。

因みにエビ類は餌いらずです(笑)

飼育環境にもよりますが、水槽を立ち上げたばかりであれば、エビの餌となるコケだとか全然ないはずなのでそういう場合は餌を与えてあげた方が良いです。

ある程度、水槽を立ち上げて日が経っているのであれば放置!で大丈夫です(笑)

最後までご覧頂き有難う御座います。

病気になる前にコリドラス水槽の掃除をしよう!

こんばんわ(^^)/

管理人のZEBRAです♪

コリドラスは割と丈夫な熱帯魚ですが、一度病気になってしまうとなかなか立て直しが効かないです(^^;)

コリドラスは底での生活が基盤なので、底が汚いと病気になる可能性が高まります。

定期的に底の掃除をやっていきましょう!

でも、底の掃除なんてどうやったらいいの?なんて思うかもしれないですが、そんな難しいことじゃないです。

コリドラス水槽の掃除

一般的に底の掃除はプロホースを使用して掃除している方が多いでしょうね。

管理人もそうしています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

水作 プロホースエクストラ L 関東当日便
価格:1220円(税込、送料別) (2017/7/20時点)

 

コリドラス水槽の飼育&プロホースの使用方法↓↓↓↓

プロホースの良いところって水替えをしながら底砂を掃除できるところなんですよね☆

そんなに難しい作業じゃないんで、定期的にメンテナンスしましょう!

どのくらいの期間で掃除をすべきなの?

んー、これは生体の数だったり、餌の上げ方にもよるんでしょうけど、私は1週間に1回はやった方が良いと思います。

コリドラスって結構大食いなんですよ( ゚Д゚)

水を結構汚すので、定期的にメンテナンスをした方が私は良いと思います。

底だけじゃなく、他のとこも掃除しましょう!

これはコリドラス水槽に限らず、アクアリウムをやっている以上避けて通れないですが、コケの発生です!

コケを取るに大変なんですが、折角アクアリウムをやっているのにコケだらけの水槽を見るなんてゲンナリですよね?

コケを取るにまずこちらの記事をご覧下さい↓↓↓↓

水槽の苔対策・苔取り生物の紹介・苔の種類

苔の種類を把握していないとどう掃除すればいいか分からないと思うのでまず上記の記事を見てみましょう。

後、当たり前のことですが、フィルターも定期的に掃除することです!

フィルターをずーっと掃除しないままでいると水質がどんどん悪化していきます。

コリドラスの為にもちゃんと掃除してあげましょう!

最後に…。

コリドラスは丈夫だと言いますが、個人的に掃除をすごーく怠っているとかなりの確率で病気になる気がします(^^;)

やっぱり病気になっちゃうとコリドラスは立ち直れないことが多く本末転倒になりかねないです。

せめて底の掃除とフィルターの掃除はやりましょう!

最後までご覧頂き有難う御座います!

コリドラスピグミーの飼育方法・繁殖の方法など

こんばんわ(^^)/

管理人のZEBRAです♪

今日はコリドラスピグミーの飼育方法・繁殖方法などの説明をしていきたいと思います。

コリドラスピグミーの魅力

コリドラスピグミーの魅力といったら、普通のコリドラスと違って成長しても3cm程度にしかならないというミニチュアさ!

普通のコリドラスは大体5cm~6cm位にはなりますからね。


そのミニチュアさとコミカルな動きが人気で、今では普通のコリドラスたちを抜いて人気なんだとか。

普通のコリドラスと違って、小さいかせいか遊泳性が高く、中層で結構動き回っています。

コリドラスは基本臆病な熱帯魚なので、最低5匹以上の飼育が望ましいでしょう。

5匹以上の飼育を推奨するのは、これだけの数であればコリドラスたち自身も堂々と出来るのか前面へ出てきやすくなります。

…もし単独での飼育になっちゃうと、全然前へ出てこなくなっちゃうんで、それは寂しいので5匹以上は飼育しましょう。

コリドラスピグミーの動画↓↓↓↓

コリドラスピグミーの飼育方法

水質:弱酸性~中性(水道水をカルキ抜きしたもので十分です。)

水温:23度~28度(25度前後が望ましいでしょう。)

餌:コリドラス用の沈下性の餌…だとちょっとでかいので少し砕いて与えて下さい。冷凍アカムシが好みの様です。

また、コリドラスピグミーは水質の変化に弱いところがあるので、水合わせは慎重にやりましょう☆

水合わせのやりかたはこちら↓↓↓↓

コリドラスピグミーの水合わせはエビと同じくらい水を入れては捨ててまた水を入れては捨てての繰り返しを行いましょう。

底砂・レイアウトなど

一般的なコリドラスのレイアウト・底砂と同じと考えて大丈夫です。

むしろ一般的なコリドラス水槽より、水草水槽として飼育しても大丈夫です。

普通のコリドラスは底での生活が基盤なので、植えるタイプの水草と相性が悪く、コリドラスピグミーの場合中層を泳いでいることが多いのでさほど気にならないでしょう。

コリドラスピグミーの方がそういう意味で幅広く飼育できます(^^)/

コリドラスピグミーとの混泳

混泳は本当問題ないです。

コリドラス自身は温和な生き物なのでコリドラスピグミーに限らず混泳は可能です。

ただ、コリドラスピグミー自身がかなり小型なので、他の魚とのサイズを考慮する必要はあります。

あまり大きな魚(7cm以上の生物)はコリドラスピグミーにとってストレスになる可能性があるので辞めた方が無難です。

コリドラスピグミーの寿命

普通のコリドラスと比べると寿命は短めです。

普通のコリドラスは平均5~6年くらい生きますが、コリドラスピグミーの場合おおよそ2年です。(短い…涙)

小さい生き物は寿命が短いですよね(ノД`)・゜・。(グッピーなんて下手すると半年くらいだもんね…。)

因みに大きい種のコリドラスは10年以上生きるものもいます(笑)

コリドラスピグミーの繁殖

繁殖難易度はかなり容易な部類です。

気づけば稚魚が産まれていたなんてことも。

繁殖の仕方は普通のコリドラスと一緒で、水草に卵を植え付けたり、ガラス面に植え付けたりと一緒です。

コリドラスの産卵・繁殖の前兆・稚魚の育て方など↓↓↓↓

コリドラスの産卵☆繁殖の前兆など

また、繁殖を促すには換水をすることをおすすめします。(大量の換水をするのは生体に良くないので辞めましょう。)

コリドラスは何故か環境の変化で繁殖行動に移ることが多くて、換水だけでなく台風が近づいてきたりすると気圧の変化の影響か繁殖行動に移ることが多いです。

換水の頻度は2日に一度行ってみると良いでしょう。(水槽の水1/4程度にしましょう。)

まとめ

・コリドラスピグミーの寿命はおおよそ2年

・他のコリドラスと比べると水質に弱いところがあるので、水合わせは慎重に!

・単独飼育ではなく最低5匹で飼育しよう。

・コリドラスの餌はコリドラス用の餌で大丈夫(口が小さいので良く砕いて与えましょう。)

・混泳は問題なし

・繁殖も容易で繁殖を促したいのであれば2日1度(水槽の1/4程度)換えてみよう!

かなりかわいいコリドラスピグミーですが、小さい故に多少配慮をしなければいけないところはありますね。

このコリドラスピグミーも臆病な性格なので、やはり隠れ家となるものは設けてあげた方が良さそうです。

最後までご覧頂き有難う御座います。

コリドラスの種類で人気なのは?おすすめ一覧

こんばんわ(^^)/

管理人のZEBRAです♪

今日はコリドラスの種類で人気があるものを一覧表にしてみました☆

コリドラスの魅力は本当動作が可愛らしいんですよね(^^)/

間が抜けたような表情、群れて慌ただしくする動き、なんていうかブサ可愛いっていう言葉がとても似あう熱帯魚です。

コリドラスの概要

まずコリドラスを語るに概要が必要だと思うのでご説明したいと思います。

コリドラスの種類って実に豊富で今現在約200種類のコリドラスたちがいます。

一般的なコリドラスの飼育方法ですが下記に箇条書きで記載します。

・コリドラスが好む性質 弱酸性~中性

・水温は28度

・寿命は3年~5年程度(小さいコリドラスピグミーとかは2年くらいです。)

・底砂は田砂、ソイル、大磯砂

・餌は沈下性のものを使用

さて、それではコリドラスの種類で人気があるものを一覧表でご紹介していきます。

それではどうぞ!!

コリドラスの種類で人気なのは?おすすめ一覧

コリドラス・ステルバイ

管理人が最も大好きなコリドラスです(笑)

しましま模様がとっても可愛いです(*´ω`)

コリドラス・ステルバイは昔からなじみ深く、今でも愛されているコリドラスです。

また、飼育も容易で、繁殖も難しくないです。

初心者が入門する時はこの種から始めるのもありだと思います(^^)/

コリドラス・パンダ

これまた人気の高い種類のコリドラスです(^^)/

しかし、このコリドラスは他のコリドラスと違ってやや水質の変化に弱いところがあり、水合わせを慎重にやらないと死んでしまう恐れがあります。

コリドラス・パンダに関しては、エビと同じくらい水合わせを慎重にやった方が良いかと思います。(エビは水合わせを慎重にやらないと死にやすいのです。)

水合わせさえしっかり行えれば、その後は割と大丈夫なケースが多い様です。(極端に掃除とか、換水を行っていなければ病気にはなりますよ(^^;))

コリドラス・ジュリー

こちらも古くから人気の種です。

コリドラス・ジュリーとコリドラス・トリリネアータスがいるんですが、はっきり言ってどっちがジュリーでどっちがトリリネアータスなんだか見分けがつかないです(笑)

ショップに行っても、混同されて一緒に販売されているケースもあるとか(^^;)

トリリネアータスとジュリーの違いは

体の中央に入るラインが、トリリネアータスは途切れている個体が多いのに対し、ジュリーは綺麗なぎざぎざのラインが入りるそうです。

うーん、もはやどっちでもいいやみたいになりそう(笑)

コリドラス・トリリネアータス

はい。上記でも書いた様に見分けがつかないです(笑)

どちらかというとショップで販売されているのはこちらが多いとか。

純正なコリドラス・ジュリーは絶滅危惧種の様です。

また、この種は他のコリドラスと比べると割とシュッとしててスタイリッシュに見えます(笑)

なんていうか少し大人な雰囲気が漂うコリドラスです(^^)/

…何が言いたいのか管理人も分からなくなってきましたが(^^;)若干細身ではあるかなと思います。

飼育難易度も初心者向けで、ポピュラーなコリドラス・ステルバイと同様飼育することが可能です。

コリドラス・パレアタス

通称「青コリ」と呼ばれているコリドラスです。

失礼ながら他のコリドラスたちと比べると凄い地味な色合いですが(笑)

このコリドラスも飼育が容易で問題なく飼育することができるでしょう。

コリドラス・アエネウス

通称「赤コリ」と呼ばれているコリドラスです。

これまた失礼ですが「青コリ」と一緒でなんとも地味…(笑)

「青コリ」より少し色味があるだけましなのかな(^^;)

このコリドラスも飼育が容易で問題なく飼育することができるでしょう。

コリドラス・アエネウス(アルビノ)

通称「白コリ」と呼ばれているコリドラスです。

一言で「白コリ」と言ってもかなり種類がいまして、その中でも割と流通しているのがコリドラス・アエネウス(アルビノ)です。

アルビノ種(要は身体の色が白の個体)は神経を使うのが多く、弱い個体が多いのが特徴ですが、このコリドラス・アエネウス(アルビノ)は割と丈夫な種で、問題なく飼育することができると思います。

コリドラス・パンク

コリドラス・パンダと少し似ていますが、こちらはぶち模様が特徴的ですね。

これまた初心者に優しい種です。

コリドラス・ベネズエラオレンジ

これまた大人チックの色合いなコリドラスですね。

オレンジ色と緑が合わさった落ち着いた雰囲気のあるコリドラスです。

これも初心者に優しい種です。

コリドラス・シュワルツィ

コリドラス・パンクと間違えそうですが、よーく見ると背びれが長く、目の周りもコリドラス・パンクと比べるともっと色合いが濃いです。

飼育自体は他のコリドラス同様難しくないのですが、繁殖はあまり望めない様です。

また、このコリドラスは毒を持っており、ヒレから分泌される毒が強いことでも有名です。

刺されると腫れますので注意が必要です(^^;)

コリドラス・ゴッセイ

これまた古くから親しまれているコリドラスです。

が、個人的にはあまりにも地味過ぎて飼育する気になれない…(^^;)

これも他のコリドラス同様、飼育及び繁殖も容易な種です。

このコリドラスもやや強い毒を持っている為、取り扱いには十分注意が必要です。

コリドラス・シミリス

これまた地味な色合い…(^^;)

それが良いって言う人もいるんでしょうけど。

これも他のコリドラス同様、飼育及び繁殖も容易な種です。

コリドラス・アドルフォイ

コリドラス・パンダと少し似ていますね。

と言っても見分け方は簡単だと思います。

コリドラス・パンダと比べて、頭部がオレンジ色になっているのが特徴です。

こちらの種は他のコリドラスと比べてやや低いPHを好みますが、弱酸性~中性でも問題なく飼育することが出来ます。

コリドラス・デュプリカレウス

これこそコリドラス・アドルフォイと遜色がなく見分けがつきにくいですよね(^^;)

コリドラス・アドルフォイと比べるとずんぐりむっくりしているのが特徴です。

また、コリドラス・アドルフォイよりも頭部のオレンジ色が濃いです。

コリドラス・コンコロール

これはまたTHEナマズですね(笑)地味過ぎる…(^^;)

これも他のコリドラス同様、飼育及び繁殖も容易な種です。

コリドラス・ピグミー

ここからはチビコリたちの紹介ですね。

コリドラスと言うと、底での生活をイメージすると思いますが、チビコリたちに関しては遊泳性が高く、割と中層を泳いでいることが多いです。

色はとても地味ですが(笑)、小っちゃいからなのか動きがコミカルで、非常に人気のあるコリドラスです。

これも他のコリドラス同様、飼育及び繁殖も容易な種です。

コリドラス・ハステータス

なんか、これコリドラス?っていうほど面影があまりない種ですが、これまた非常に人気のある種です。

コリドラス・ピグミー同様、遊泳性のある種です。

しかし、ショップであまり見かけることは少ない様です。

レアなので、見つけたらすぐ購入することおすすめします。

まとめ

コリドラスは比較的丈夫な熱帯魚ですが、中には体質的に弱い子たちもいるので注意が必要です。(例をあげると、コリドラス・パンダなど)

また、コリドラスの中には毒をもつ個体がいるので、取り扱いには十分注意が必要です。とは言え、そこまで気にする程の毒でもないんですけどね(^^;)(例をあげると、コリドラス・ゴッセイ、コリドラス・シュワルツィなど。)

最後までご覧頂き有難う御座います。

コリドラスに白い塊?何の病気?

こんばんわ(^^)/

管理人のZEBRAです♪

コリドラスは見ていて本当癒されますよね。

地面をつっついて餌を探す姿は本当癒しです。

コリドラスは比較的丈夫な熱帯魚と言われていますが、一度病気になるとなかなか治らない種類です(^^;)

コリドラスに白い塊?何の病気?

一概には言えないですが、まず白い綿の様なものが付いていたらほぼほぼ水カビ病と思って間違いないです。

水カビ病はコリドラスに限らず、他の魚も良くなる病気ですが、写真の様に重症になってしまうと取り返しが付かなくなるので日々の観察が必要です。

水カビ病を治すには?

メチレンブルーで治す方法が一般的です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【動物医薬品】メチレンブルー水溶液(200mL)
価格:579円(税込、送料別) (2017/7/17時点)

 

また、薬浴する前に別の水槽に移して、付着してしまっている水カビを綿棒とピンセットとかで極力取り除いてあげて下さい。

身体に付いている水カビを少しでも取り除いてあげることで、コリドラスにとって身体への負担も軽減出来ますし、何より治りが早くなるのでやっておいた方が良いです。

水カビ病になってしまったということは、水カビ病の原因となっているものが水槽内にあるはずなので、まずそちらの駆除を始めないと他の魚たちも水カビ病になってしまう恐れがあるのでくまなく探してみましょう。

水カビは良く流木や残り餌などに付着することが多いです。

残り餌は取り除けばいい話ですが、流木に付着している場合、一度灰汁抜きした方が良いですね。

流木の灰汁抜きの仕方↓↓↓↓

灰汁抜きすることによって殺菌され、水カビが発生されにくくなります。

立ち上げ時もそうですが、流木を入れる場合まず灰汁抜きしましょう☆

コリドラスに白い粘膜みたいなのが付いている。何の病気?

写真の様に白い粘膜の様なものが身体にまとわりついている場合はカラムナリス感染症の可能性が高いです。

このカラムナリス感染症は非常にやっかいで、未だに確立された治し方が発見されていないのです( ゚Д゚)

確実な治し方ではないですが、少しでも改善できそうな記事はコチラ↓↓↓↓

コリドラスがよくなる病気、カラムナリス病の対策

コリドラスに白い斑点みたいなのが付いている。何の病気?

写真の様にポツポツと身体に付着しているのは白点病の可能性が高いです。

これまたコリドラスに限らず、他の魚も良くかかるポピュラーな?病気です(ポピュラーの使い方間違ってるだろ(^^;))

これまたメチレンブルーを使用するのが一般的ですね。

白点病に限ってはコリドラスでも割と治りやすいです!

薬浴して2~3週間くらい経てば恐らく治っている筈です(^^)/

まとめ

くどい様ですが、コリドラスは一度病気にかかるとなかなか治らない熱帯魚です。

まず、病気にならない様に環境を整えてあげることと、日々の観察・メンテナンスが大事なのです。

これを怠ってしまうと、最悪の場合地獄絵図を見る羽目になります( ゚Д゚)

生き物を飼う以上、責任をもって飼育しましょうね☆

最後までご覧頂き有難う御座います。