ミナミヌマエビとヤマトヌマエビの混泳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんわ(^^)/

管理人のZEBRAです♪

エビって見ているだけで癒されますよね。

あの一生懸命に苔とかをツマツマしている姿を見ているだけでも日々のストレスが抜けて行く気がします(笑)

どうせだったら色んなエビを入れてみたいと思いますよね?

良くミナミヌマエビかヤマトヌマエビを飼育している方が多いと思いますが、この2匹を混泳させることが出来るのかをご紹介します。

スポンサードリンク

ミナミヌマエビとヤマトヌマエビの混泳

結論から言うと、答えがないです(^^;)

答えがないと言うか、普通に混泳は可能なんですけど、万一の可能性が交雑をした時の問題です。

お互い温和な生き物なので(ヤマトヌマエビの方がやや凶暴か)攻撃し合うとかはないのですが、ミナミヌマエビのオスがヤマトヌマエビのメスと交雑するとヤマトヌマエビのメスが死にます( ゚Д゚)

交雑をする確率はかなり低いみたいですが、万一交雑した場合はメスの方が死にます。

DNAの問題なんでしょうね(^^;)

確かにミナミヌマエビの場合、淡水で繁殖可能なのに対し、ヤマトヌマエビの場合、稚エビ達は汽水でないと生きられないのでそういう問題もあるでしょうね。

後、もしミナミヌマエビを繁殖させたいっていうのであれば別にした方が良いですね。

ヤマトヌマエビがミナミヌマエビの稚エビを捕食してしまうので。

後はバランスの問題はあるかもしれないです。

ミナミヌマエビよりヤマトヌマエビの方が数多いのであれば、ミナミヌマエビが狙われる危険性があがります。

どうしてもミナミヌマエビの方が小さいので、例えばヤマトヌマエビが10匹に対し、ミナミヌマエビが1匹しかいないのであれば捕食される可能性が全くないわけではないです。

スポンサードリンク

ミナミヌマエビとヤマトヌマエビどちらがおすすめ?

んー、こればっかりは個人の主観でしょうね。

ヤマトヌマエビは苔取り能力でミナミヌマエビと比べるとかなり優秀です。というよりミナミヌマエビが比較にならないです(笑)

ヤマトヌマエビは苔も良く食べてくれるのですが、良く食べてくれる故に水草をも食べてしまうデメリットもあります(^^;)

あまりにヤマトヌマエビの数を入れ過ぎると、水草がただの枝になりかねないので、60cm水槽ならせいぜい5匹以下で良いと管理人は思います。

後、ヤマトヌマエビの場合、繁殖は極めて難しいです。

ヤマトヌマエビは汽水じゃないと孵化ができない体質で、汽水を作るのと管理をするのは人間の手ではなかなか難しいです。

どうしてもヤマトヌマエビを繁殖させたい方はこちらをどうぞ↓↓↓↓

ヤマトヌマエビの繁殖について

ミナミヌマエビは苔取り能力としては効果が薄いですが、ヤマトヌマエビより小さい分可愛らしいです(^^)/

ミナミヌマエビも数を増やせばそれなりに苔取り能力として効果を発揮します。

また、ミナミヌマエビはヤマトヌマエビと違い、淡水で繁殖が可能でまた容易です。

隠れ家さえ作っておけば、どんどん増えていきます(笑)

苔を抑制させたいのであればヤマトヌマエビ、観賞として楽しむのと繁殖も狙いというのであればミナミヌマエビっていう感じですかね。

ミナミヌマエビとヤマトヌマエビって餌は必要なの?

水槽を立ち上げたばかりであればあげた方が無難です。

立ち上げたばかりの水槽は安定していなく、エビの主食となる苔もない筈です。

コリドラスの餌だとか沈下性の餌を与えると良いでしょう。

逆に水槽が安定し始めたら餌をあげる必要性はないです。

…こんなことを言うのもなんですが、魚の死体だとか食べてくれるので気が付けば骨だけになっていたってことも珍しくないです。
(放っておくと水が汚れるので取った方が無難ですけどね(^^;))

ミナミヌマエビとヤマトヌマエビ以外に混泳可能な種類は?

まあ、メダカだとかカラシン系、コリドラス、オトシンクルスなど温和な性格をしている魚は大丈夫です。

同じサイズのものであれば基本的に食べられませんので。

ヒーターとか必要?

日本の生き物なので、ヒーターは必要ないです。が、多分他の熱帯魚と混泳させることが多いと思うので必須ですね(笑)

それとヒーターがあった方が生き物にとって過ごしやすいです。

少しでも長く生きてもらいたいのであれば管理人はヒーターを推奨します。

最後に

まあ、混泳自体は容易です。

ですが、かなり確率は低いですけどミナミヌマエビのオスがヤマトヌマエビのメスと交雑するとメスは死にます。

むしろミナミヌマエビ・ヤマトヌマエビ以外に混泳させる時の魚選びに気をつけた方が良いです。

基本的にエビ達にとって脅威となる生き物は…

・ベタ

・エンゼルフィッシュ

・クラウンローチ

・ヨシノボリ

・金魚

・スマトラ

あげるとキリがないかもしれないですが、基本的に性質が荒い魚とは一緒にしない方が良いです。

魚にとってエビってご馳走としか見ていないのです。

よっぽど美味しいんでしょうね(^^)/

人間だってエビは美味しいと思いますもん☆

考えれば分かりますが、魚の口が容易に入るサイズであれば間違いなく狙われます。

最後までご覧頂き有難う御座います。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*