コリドラスピグミーの飼育方法・繁殖の方法など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんわ(^^)/

管理人のZEBRAです♪

今日はコリドラスピグミーの飼育方法・繁殖方法などの説明をしていきたいと思います。

スポンサードリンク

コリドラスピグミーの魅力

コリドラスピグミーの魅力といったら、普通のコリドラスと違って成長しても3cm程度にしかならないというミニチュアさ!

普通のコリドラスは大体5cm~6cm位にはなりますからね。


そのミニチュアさとコミカルな動きが人気で、今では普通のコリドラスたちを抜いて人気なんだとか。

普通のコリドラスと違って、小さいかせいか遊泳性が高く、中層で結構動き回っています。

コリドラスは基本臆病な熱帯魚なので、最低5匹以上の飼育が望ましいでしょう。

5匹以上の飼育を推奨するのは、これだけの数であればコリドラスたち自身も堂々と出来るのか前面へ出てきやすくなります。

…もし単独での飼育になっちゃうと、全然前へ出てこなくなっちゃうんで、それは寂しいので5匹以上は飼育しましょう。

コリドラスピグミーの動画↓↓↓↓

スポンサードリンク

コリドラスピグミーの飼育方法

水質:弱酸性~中性(水道水をカルキ抜きしたもので十分です。)

水温:23度~28度(25度前後が望ましいでしょう。)

餌:コリドラス用の沈下性の餌…だとちょっとでかいので少し砕いて与えて下さい。冷凍アカムシが好みの様です。

また、コリドラスピグミーは水質の変化に弱いところがあるので、水合わせは慎重にやりましょう☆

水合わせのやりかたはこちら↓↓↓↓

コリドラスピグミーの水合わせはエビと同じくらい水を入れては捨ててまた水を入れては捨てての繰り返しを行いましょう。

底砂・レイアウトなど

一般的なコリドラスのレイアウト・底砂と同じと考えて大丈夫です。

むしろ一般的なコリドラス水槽より、水草水槽として飼育しても大丈夫です。

普通のコリドラスは底での生活が基盤なので、植えるタイプの水草と相性が悪く、コリドラスピグミーの場合中層を泳いでいることが多いのでさほど気にならないでしょう。

コリドラスピグミーの方がそういう意味で幅広く飼育できます(^^)/

コリドラスピグミーとの混泳

混泳は本当問題ないです。

コリドラス自身は温和な生き物なのでコリドラスピグミーに限らず混泳は可能です。

ただ、コリドラスピグミー自身がかなり小型なので、他の魚とのサイズを考慮する必要はあります。

あまり大きな魚(7cm以上の生物)はコリドラスピグミーにとってストレスになる可能性があるので辞めた方が無難です。

コリドラスピグミーの寿命

普通のコリドラスと比べると寿命は短めです。

普通のコリドラスは平均5~6年くらい生きますが、コリドラスピグミーの場合おおよそ2年です。(短い…涙)

小さい生き物は寿命が短いですよね(ノД`)・゜・。(グッピーなんて下手すると半年くらいだもんね…。)

因みに大きい種のコリドラスは10年以上生きるものもいます(笑)

コリドラスピグミーの繁殖

繁殖難易度はかなり容易な部類です。

気づけば稚魚が産まれていたなんてことも。

繁殖の仕方は普通のコリドラスと一緒で、水草に卵を植え付けたり、ガラス面に植え付けたりと一緒です。

コリドラスの産卵・繁殖の前兆・稚魚の育て方など↓↓↓↓

コリドラスの産卵☆繁殖の前兆など

また、繁殖を促すには換水をすることをおすすめします。(大量の換水をするのは生体に良くないので辞めましょう。)

コリドラスは何故か環境の変化で繁殖行動に移ることが多くて、換水だけでなく台風が近づいてきたりすると気圧の変化の影響か繁殖行動に移ることが多いです。

換水の頻度は2日に一度行ってみると良いでしょう。(水槽の水1/4程度にしましょう。)

まとめ

・コリドラスピグミーの寿命はおおよそ2年

・他のコリドラスと比べると水質に弱いところがあるので、水合わせは慎重に!

・単独飼育ではなく最低5匹で飼育しよう。

・コリドラスの餌はコリドラス用の餌で大丈夫(口が小さいので良く砕いて与えましょう。)

・混泳は問題なし

・繁殖も容易で繁殖を促したいのであれば2日1度(水槽の1/4程度)換えてみよう!

かなりかわいいコリドラスピグミーですが、小さい故に多少配慮をしなければいけないところはありますね。

このコリドラスピグミーも臆病な性格なので、やはり隠れ家となるものは設けてあげた方が良さそうです。

最後までご覧頂き有難う御座います。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*