コリドラスの卵の取り方☆無精卵有精卵の判別。孵化のさせ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちわ(*^^)v

管理人のZEBRAです☆

コリドラスが卵を産んでくれて「わーい(*´▽`*)」と思うのも束の間、「よーし、隔離しよう!でもこれ、卵どうやって取ったらいいの?」って疑問に思うと思います。

そのまま手で取ることも可能ですが、なんとなく潰しちゃいそうで怖いとか思っちゃいますよね(^^;)

スポンサードリンク

コリドラスの卵の取り方

手で取る方法では爪を活用した方法があります。


引用先 https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQce1PFoHfKZ2oKrGVPASMv8FLAlBvpsLbSChwNL3rKVtX_cEG_

基本、コリドラスの卵はガラス面などにへばり付いているので、下から徐々に爪で剥がして上げる様な感じです。

慣れればそんなに難しいことはないと思います。

手で取るのが潰しちゃいそうで怖いという方は、三角定規がオススメです!

手で取るのと同じ様に、下から徐々に剥がして上げる様な感じです。

スポンサードリンク

コリドラスの有精卵・無精卵の判別

これは写真を見てもらえれば分かるかと思います。


引用先 http://pds.exblog.jp/pds/1/200709/02/86/c0102086_16523041.jpg

産み付けたばかりの卵はどれも透明なので分かりませんが、産み付けてから3日くらい経つと卵の中が白く濁ってきたのであれば、無精卵。

卵の中が少し黒っぽくてメダカの卵の様に目が見えるようになったら有精卵です。

また、無精卵をそのまま放置して置くのは水質の悪化、水カビが生えてくるので取り除いておきましょう。
(有精卵でも水カビは生えてきます。)

卵に水カビが生えてしまったら?

そもそもコリドラスの卵って物凄くカビやすいです。


引用先 https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-8b-c1/pukupukuyoshiki/folder/1181921/97/27716197/img_4?1244642078

無精卵の場合、取り除いてしまえば良いですが、有精卵の場合、少々面倒ですが別水槽へ隔離して下さい。

正確に言うと、有精卵と発覚した時点で少し大きめの水槽(30cm以上の水槽)とエアレーションを用意し、水道水をカルキ抜きせずそのまま水槽へ入れて下さい。

何故、大きめの水槽かと言うと、小さい水槽だと酸素の供給量が少なく、循環がないのでカビやすいのです。

カルキ抜きをしない理由は水道水に含まれている塩素がカビ発生防止に役だっています。

エアレーションも酸素を供給してあげることによってカビの発生を抑制出来ます。

ただ、エアレーションもあまり強くやらないで下さい。

卵が舞い上がってしまうので(^^;)

コリドラスの卵が孵化したら?

コリドラスの稚魚は孵化してから2日~3日くらいは餌いらずです。

画像を見てもらうと、お腹になにやら袋の様なものが付いていますよね?


引用先 http://www.nettaigyo.com/corydoras/diary/gossei/fs002.jpg

これはヨークサックと言い、この袋の中がコリドラスの稚魚たちにとってご飯となる栄養素が入っているのです。

この袋がなくなったら餌をあげて下さい。

餌に関してはブラインシュリンプを与えて下さい。

ブラインシュリンプの与え方↓↓↓↓

ブラインシュリンプは非常に栄養価が高く、骨格を丈夫に作ってくれる稚魚にとって大変ありがたいご馳走なのです。

稚魚は変形を起こしやすく、コリドラスに限らず稚魚にはブラインシュリンプを与えて下さい🎵

健康的な子たちに育ってくれますよ(^^)/

…しかし動画で説明したものの、ブラインシュリンプを沸かして与えるのって正直面倒臭いと思います(^^;)

面倒だなぁーと感じるのであれば冷凍ブラインシュリンプがオススメです☆

冷凍ブラインシュリンプの与え方↓↓↓↓

これでも十分健康的で丈夫な子たちが育ってくれます。

デメリットで言えば、冷凍ブラインシュリンプの方が単価が少々高いところでしょうか。

沸かしたものでも冷凍ものでも食いつき方には遜色ないです。

管理人的には冷凍ブラインシュリンプの方が楽で良いと思います。

コリドラスの稚魚を育てるに必要なものは?

まず、当たり前ですが、ヒーターは用意してあげて下さい。(熱帯魚ですので。夏場だったらいらない。)

後は箇条書きで記載していきます。

・スポンジフィルター

・ブラインシュリンプ(冷凍でもOK)

・スポイト

です!!

稚魚を育成するに、そんな良いフィルターは使わなくて良いです。

底砂を用意する必要もありません!


引用先 https://i1.wp.com/thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/chanet/cabinet/513/51293-1.jpg

と言うより逆効果というか、メンテナンスが大変ですし、フィルターに吸い込まれないスポンジフィルターがオススメです。

汚くなったら、スポンジを洗ってあげて装着するだけでOKなんで手間のことを考えるこれがベストです。

また、スポイトはブラインシュリンプを与える時と、ゴミを取り除くに大変便利な道具です。

ブラインシュリンプは水が結構汚れるので、2日に1回は1/3位水を替えて上げましょう☆

どのくらいになったら水槽へ戻したら良いの?

水槽にいる生体にもよりますが、まず本水槽に隠れ家を出来るだけ用意してあげましょう☆

5mmくらいになったら本水槽へ移してもOKです。

移す際は、網を使用し、出来るだけ隠れ家があるところへ放してあげて下さい。

また、5mmサイズになるまでおおよそ2~3週間です。

5mmサイズにだと、放した後、何処にいったのか分からなくなってしまいますが、期待を込めて1ヵ月後くらい待ちましょう!

意外と大きくなって姿を現してくれる筈です。

隠れ家は何を用意してあげたら良い?

ずばり流木や石に活着させたアヌビアス・ナナ、ウィローモスがオススメです!


引用先 https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/chanet/cabinet/843/83907-3.jpg


引用先 https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/chanet/cabinet/507/50451-3.jpg

万一、他の魚に襲われそうになったら隠れてやり過ごせる確率が上がります。

まあ、とにかく水草を植えて上げることですかね。

まとめ

卵を発見次第まず隔離すること。

小さめの水槽だと、酸素の供給量が小さく、卵がカビやすいので最低30cm以上の水槽を用意。水はカルキ抜きせずそのまま卵を移すこと。

孵化したら2日~3日は餌はいらない。ヨークサックがなくなったらブラインシュリンプを与えよう。

稚魚用の水槽に必要なものはスポンジフィルター、スポイト、ヒーター、ブラインシュリンプ。

ブラインシュリンプは水が汚れやすいので、最低2日に1回1/3程度の換水を行うこと。

スポンジフィルターのスポンジの掃除も忘れずに。

スポンジフィルター自体は、性能そのものはおもちゃなので(^^;)底に落ちているゴミをスポイトや網で処理する。

また底砂を用意する必要はなし。

本水槽へ移せる時期は、生体の大きさ、生体の数にもよるが、2~3週間で5mm程度の大きさになります。

ネオンテトラ・グッピーくらいの生き物であれば口に入らないので、隠れ家を出来るだけ作ってあげて移す時は隠れ家付近で放してあげること。

その間しばらく稚魚たちを見るのは難しくなるかもしれませんが、1ヵ月後くらいするとだいぶ大きくなって表へ出て堂々と泳いでいることでしょう。

まとめるとそんな感じです♪

心配であれば1cm程度になってから放してあげても良いでしょう。

最後までご覧頂きまして有難う御座います(^^)/

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*